• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)


脱毛症90%以上。


B法と呼ばれる乳がん治療の投与方法では、脱毛の副作用が92.3%発現しました。


タキソールはタキサン系とよばれるタイプの抗がん剤です。特徴的な作用メカニズムを持っており、様々な抗がん剤との組み合わせが考案されました。カルボプラチンと組み合わせるレジメンが有名です。TC療法(=TJ療法)と呼ばれるレジメンで、卵巣がんなどで使われています。

【薬剤師のコメント】タキソールの類薬にタキソテールがあります。名前が似ているために間違いが起こりやすく、実際にミスが起きて亡くなった方がいます。

重篤な過敏症が起こり亡くなった方がいます。点滴前には必ずデキサメタゾン(副腎皮質ホルモン)やジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)を投与して過敏症発現を防止します。

神経系の副作用が多いのも特徴です。指先などにしびれが起こり、なかなか回復しないケースもあります。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください
タキソールの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


タキソールのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

パクリタキセル

【商品名】

タキソール

【効能・効果】

卵巣がん、非小細胞肺がん、乳がん、胃がん、子宮体がん

【警告・注意事項】

骨髄抑制による敗血症・脳出血が原因だと思われる死亡例があります。

過敏反応によると思われる死亡例があります。過敏反応を防止するため必ず前投薬を行います。しかし前投与を行ったにも関わらず亡くなった方もいます。

 【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

A法での副作用及び臨床検査値異常の発現率は83.3%です。

主な副作用は末梢神経障害37.6%、関節痛23.5%、筋肉痛18.7%、悪心21.3%、嘔吐15.0%、脱毛30.5%、発熱11.0%、白血球数減少48.5%、好中球数減少43.8%、ヘモグロビン減少16.6%、血小板数減少10.6%、AST(GOT)上昇8.0%、ALT(GPT)上昇9.4%、BUN上昇4.0%等の腎機能検査値異常が認められた。また,臨床試験における間質性肺炎の発現率は,A法では1.6%(6例/373例)であった。

B法では発現率がかなり上昇します。

脱毛症92.3%、感覚減退76.8%、疲労70.2%、悪心39.2%、筋痛43.1%、白血球減少77.9%、好中球減少75.1%、ヘモグロビン減少74.0%、ALT上昇38.1%などです。

A法:1日1回210mg/m2(体表面積)を3時間かけて点滴静注し、少なくとも3週間休薬

B法:1日1回100mg/m2(体表面積)を1時間かけて点滴静注し、週1回投与を6週連続し少なくとも2週間休薬

 【奏効率】 →用語解説

A法の奏効率は、卵巣癌26.6%、非小細胞肺癌35.0%、乳癌33.9%、胃癌23.4%、子宮体癌30.4%です。

B法の奏効率は、乳癌44.9%です。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム