• Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


アブラキサン(パクリタキセル)は、タキソール(パクリタキセル)の投与時のわずらわしさを改良した薬です。

タキソールは、3時間かけて点滴投与しますが、アブラキサンでは30分程度に短縮されています。

パクリタキセルは水に溶けないため、タキソールでは無水アルコールとヒマシ油を使ってなんとか溶解させています。そのために深刻な過敏症が起きることがありました。アブラキサンではアルブミン(タンパク質)にパクリタキセルを結合させる方法をとっており、その結果過敏症が起こりにくくなりました。

タキソールでは過敏症を防ぐために時間をかけて点滴していたのですが、アブラキサンではその必要もなくなりました。

また過敏症防止のために前投与と言って、ステロイドなどを投与していましたが、それも不要となりました。


【薬剤師のコメント】パクリタキセルはチューブリンの重合を阻害するという、独特の抗腫瘍メカニズムを持っています。
アブラキサンもタキソールも同じメカニズムを有していますが、アブラキサンのほうが良い成績が出ています。アルブミンと結合させたことで、がん組織に効率的に運搬されるようになったのだと考えられます。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください

アブラキサンの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


アブラキサンのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

パクリタキセル

【商品名】

アブラキサン

【効能・効果】

乳癌

【警告・注意事項】

骨髄抑制(主に好中球減少)等の重篤な副作用が起こることがあるので、頻回に臨床検査を行います。

投与方法、適応症、薬物動態等が他のパクリタキセル製剤と異なることをよく理解して使わなくてはなりません。

重篤な骨髄抑制や感染性を合併している方には使えません。感染症が重篤化する可能性があります。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

<国内副作用の概要>総症例12例における副作用の発現率は100.0%でした。主な副作用は白血球減少83.3%、好中球減少83.3%、末梢神経障害83.3%、脱毛83.3%、筋肉痛75.0%、リンパ球減少66.7%、関節痛58.3%、単球減少50.0%、発疹50.0%、赤血球減少41.7%、無力症41.7%、運動障害41.7%、貧血33.3%、ヘマトクリット減少33.3%、悪心33.3%、食欲不振33.3%です。

 

<海外副作用の概要>総症例229例における副作用の発現率は98.7%でした。主な副作用は脱毛90.4%、好中球減少80.1%、白血球減少71.7%、末梢神経障害71.2%、貧血46.5%、リンパ球減少45.6%、疲労38.9%、関節痛31.9%、悪心29.3%、筋肉痛26.6%、下痢24.9%です。

【奏効率】 →用語解説

アブラキサン奏効率24%

その他のパクリタキセル11.1%

【生存期間中央値】 →用語解説

添付文書には記載がありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから

がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム