モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

ラステット(エトポシド)-悪性リンパ腫、睾丸腫瘍等


ラステットは悪性リンパ腫などに用いられる抗がん剤です。

内服と注射剤があります。注射剤のほうが多くのがんに使うことができます。


【薬剤師のコメント】ラステットはイリノテカンと同じトポイソメラーゼ阻害薬です。トポイソメラーゼという酵素が阻害されるとがん細胞は増殖できなくなってしまいます。

特異的な抗腫瘍メカニズムなので、他の抗がん剤と組み合わせやすく、効果を高めることができます。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください

ラステットの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


ラステットのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

https://www.pmda.go.jp/


【成分名】

ラステット

【商品名】

エトポシド

【効能・効果】(ラステット注)

肺小細胞癌、悪性リンパ腫、急性白血病、睾丸腫瘍、膀胱癌、絨毛性疾患、胚細胞腫瘍 (精巣腫瘍、卵巣腫瘍、性腺外腫瘍)

以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法
小児悪性固形腫瘍 (ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、横紋筋肉腫、神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫その他肝原発悪性腫瘍、腎芽腫その他腎原発悪性腫瘍等)

【警告・注意事項】

重篤な骨髄抑制のある場合は使えません。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

総症例4,586例 における副作用及び臨床検査値異常の発現率は89.2%であり、主なものは白血球減少68.5%、貧血 (赤血球減少及びヘモグロビン減少) 51.8%、血小板減少46.0%、食欲不振49.5%、脱毛44.4%、嘔気39.9%、嘔吐30.3%、倦怠感19.4%、発熱10.2%、口内炎9.7%などであった。〔再審査終了時〕

【奏効率】

寛解率の記載があります。

疾患 寛解率
肺小細胞癌 33.9% (40/118)
悪性リンパ腫 40.8% (29/71)
急性白血病 25.0% (14/56)
睾丸腫瘍 14.0% (7/50)
膀胱癌 11.6% (5/43)
絨毛性疾患 80.4% (45/56)

【生存期間中央値】

添付文書に記載がありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


 

監修医師 藤沼秀光(医学博士)  <藤沼医院 院長、栃木県警察医>

大学病院で研究、診療に従事したあと、藤沼医院にて統合医療に専念。学生時代より、病気は悪玉ではなく心と体のクリーニング現象(清浄化現象)であると捉え、その存在意義を追求するための研究・検証を行っている。’91年よりデトックス療法を開始、その後、魂と病気/心と病気、量子エネルギー測定等、未開発の先進医学に興味をもって取り組んでいる。日常診療では清浄化現象に適う、自然な医療を実践し、ガン・アトピー・リウマチ等の代替医療も手がけ研究会、学会、講演、TVで活躍し、遠く他県からの来院も少なくない。

学歴:昭和54年 3月 獨協医科大学医学部卒業/平成 2年 3月 医学博士号取得
所属学会:日本臨床生理学会 評議員/日本循環器学会 地方会評議員

さらに詳細はこちら


記事がお役に立てましたら共有をお願いします。
日本産冬虫夏草<モノリス虫草>のお問い合わせフォームはこちらから  >>