• モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


アリミデックスはアロマターゼ阻害薬と呼ばれる乳がんの治療薬です。脂肪細胞でのエストロゲンの合成を妨げる働きを持っています。閉経後乳がんの手術をした後、再発を防ぐ目的で使われます。

エストロゲン(卵胞ホルモン)は多くの乳がんで、増殖を促す因子となります。閉経前、エストロゲンの大部分は卵巣から分泌されています。しかし閉経により卵巣からの分泌が停止すると、エストロゲンの主な供給元は脂肪組織となります。脂肪組織ではアロマターゼという酵素の働きでアンドロゲン(男性ホルモン)がエストロゲンに変換されており、そのアロマターゼの働きを阻害するのがアリミデックスです。

【薬剤師のコメント】アリミデックスは脂肪細胞でのエストロゲン合成を防ぎますが、卵巣からエストロゲン分泌は抑えません。ですのでエストロゲンの大部分が卵巣から供給されている閉経前に使用しても、ほとんど意味がありません。

またエストロゲンの影響を受けずに増殖する乳がんでは、アリミデックスの効果は期待できません。

タモキシフェンとは作用メカニズムが異なるため、子宮体がん誘発の問題は起こりません。

タモキシフェンと一緒に使うことはありません。かえって成績が悪くなります。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください

 

アリミデックスの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


アリミデックスのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

アナストロゾール

【商品名】

アリミデックス

【効能・効果】

閉経後乳がん

【警告・注意事項】

肝臓や腎臓に重度の障害がある方は慎重に使います。

骨折が起こりやすくなるので定期検査を受けることが奨められています。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

国内で10.2%の人に副作用が出ました。主な副作用は、関節痛1.1%、肝機能異常1.0%、ほてり0.9%、発疹0.5%です。

【奏効率】 →用語解説

  奏率率
アリミデックス 
奏効率
タモキシフェン
日本 45.5%  35.0%
欧州 32.9% 32.6%

【生存期間中央値】 →用語解説

メーカーの添付文書には生存期間中央値の記載はありません。

病勢の進行までの期間の中央値はアリミデックス251日間(約8.3ヵ月)です。従来の治療薬のタモキシフェン252日間(約8.3ヵ月)と差はありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム