• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草


インターフェロンは体内で作られるサイトカインの一種です。IFN-αなどと表記されることもあります。(=インターフェロンα)

体内では各種免疫細胞から作り出され、ウイルスや腫瘍の増殖を抑える働きを持っています。バイオテクノロジーにより大量生産できるようになり、医薬品として供給されるようになりました。

インターフェロンにはいくつもの種類がありますが、がん治療ではインターフェロンα(アルファ)、インターフェロンβ(ベータ)、インターフェロンγ(ガンマ)が使われています。

腎臓がん、骨髄腫、白血病などに適応があり、がん以外ではB型肝炎、C型肝炎の治療に使われています。

【薬剤師のコメント】腎臓がんは抗がん剤が効きにくいがんのため、以前よりインターフェロンによる治療が行われてきました。腎臓に発生するがん細胞は増殖速度が遅いため、特定の細胞周期に攻撃を加える抗がん剤は適さないのです。

インターフェロンは抗がん剤とは構造も作用メカニズムも異なりますが、けして安全な薬とは言えず、いくつもの重大な副作用が知られています。また投与後の微熱、悪心、痒みなど軽度なものを含めれば多くの方が副作用を経験します。

漢方薬の小柴胡湯との併用は絶対に控えてください。間質性肺炎が起こり複数の方が亡くなっています。小柴胡湯はこじれた風邪の治療薬として市販されており、ドラッグストアでも容易に手に入ります。注意してください。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください
インターフェロンの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


インターフェロンのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.info.pmda.go.jp/


【商品名】

スミフェロン(IFN-α)、フエロン(IFN-β)など

【効能・効果】

腎臓がん、多発性骨髄腫、慢性骨髄白血病など

 【警告・注意事項】

間質性肺炎による死亡例があります。咳や呼吸困難が現れたら適切な処置が必要です。すぐに医師に連絡してください。

自殺を企てることがあります。不眠や不安、興奮などの精神症状が現れたら医師に連絡してください。

小柴胡湯と併用により間質性肺炎が起こりやすくなります。併用は禁止です。

 【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

スミフェロンのデータです。臨床試験と市販後調査にかなりの差があるため、どちらも記載しました。臨床試験では1531例中1275例(83.3%)に副作用が認められています。主な副作用は、発熱66.8%、全身倦怠感22.3%、白血球減少37.9%、血小板減少29.7%です。市販後調査では6846例中3985例(58.2%)に副作用が認められました。主な副作用は、発熱40.1%、全身倦怠感7.6%、白血球減少15.9%、血小板減少15.3%です。

【奏効率】 →用語解説

スミフェロンの奏効率です。

腎臓がん19.6%、多発性骨髄腫19.2%

ヘアリー細胞白血病35.7%(寛解率)、慢性骨髄性白血病87.8%(寛解率)


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム