モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

医薬品安全対策情報(DSU)No.204-テモダール、アリミデックス

医薬品安全対策情報No.204に抗がん剤の記載が複数ありました。そのうち重要性の高いものについて取り急ぎお伝えします。

成分名 テモゾロミド
商品名 テモダール
変更内容

副作用の「重大な副作用」追記

「中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群):
中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。」

成分名 アナストロゾール
商品名 アリミデックス
変更内容

副作用の「重大な副作用」追記

「間質性肺炎:
間質性肺炎があらわれることがあるので、咳嗽、呼吸困難、発熱等の臨床症状を十分に観察し、異常が認められた場合には、胸部X線、胸部CT等の検査を実施すること。間質性肺炎が疑われた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。」
「血栓塞栓症:
深部静脈血栓症、肺塞栓症等があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。」

モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。
虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。