モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

印刷会社の胆管がん発症率が極めて高く、実態調査へ

大阪市の印刷会社で校正印刷部門に平成3~15年までの間に勤務していた男性33人のうち、少なくとも5人が胆管がんを発症し、うち4人が死亡していました。発症年齢が25~45歳と若く、発症率は日本人男性平均の数百倍という異常さです。
東京、宮城の印刷会社でも胆管がんの発症報告があり、近く厚生労働省は全国調査に乗り出します。

まだ因果関係は解明されていませんが、洗浄剤中の有機溶剤が原因との指摘があります。大阪の印刷会社では発がん性の疑われる「1,2-ジクロロプロパン」と「ジクロロメタン」を10年前まで使用しており、それを防毒マスクなしで扱っていたと従業員は証言しています。
胆管がんは癌の中でも治癒が難しく、治療後の予後も良くありません。今回の事件の因果関係が明らかになれば、アスベスト中皮腫(肺がん)問題のように大きな社会問題に発展する可能性があります。

総務省の統計では、全国には印刷会社が約1万8千社あり、校正印刷を主とする会社は約150社に上ります。