モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

抗がん剤の医薬品副作用被害救済制度

厚生労働省の医薬品副作用被害救済制度の検討会は、抗がん剤の副作用を救済金支給の対象にするか検討していましたが、結論を先送りにしました。
医薬品副作用被害救済制度とは、医薬品を適正に用いたにも関わらず副作用により健康被害を受けた方を救済する制度です。
ただし抗がん剤については、厚生労働大臣が対象外医薬品に指定しており、救済の対象になっていません。

医薬品副作用被害救済制度は、製薬メーカーからの拠出金を財源としています。救済金の支給が増加すれば、医薬品の価格の上昇を招く可能性があります。
抗がん剤は高い確率で重篤な副作用が発生することがあらかじめわかっているため、医薬品副作用救済制度の創設当初から適用除外とされています。