モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

MRI検査時の注意について

2011年9月付けで発出された医療安全性情報に、「MRI検査による熱傷を防ぐための注意事項」が記載されていましたので情報提供いたします。
医療関係者向けの情報ですが、検査を受ける方にも必要な情報です。

MRI検査中は(高周波ループによる)やけどを負う恐れがあるので以下のことに気をつけて下さい。実際にMRI検査が原因の熱傷が報告されています。これから検査を受ける方はご注意ください。

  • 検査中は装置本体に触れない。
  • 大腿部、膝、足首同士が接触しないようにする。
  • 腕を組んだり、手で体に触れない。
  • 手は開いておき握らない。
  • 心電図モニターなどのケーブルに直接触れない。

強力な磁力が発生している検査機器の中では、皮膚が装置に触れていたり、皮膚同士が接触するとそこに電流が発生して熱傷が起こる危険があります。検査中は体位を変えないようにしてください。
当然、検査前に医療関係者から「検査中の注意事項」が伝えられます。よく聞いて指示に従ってください。

MRI検査とは

MRI検査は体内の臓器・病変の詳細な様子を調べることができる画像検査です。
検査には非常に強力な磁気を利用しています。そのため心臓ペースメーカー使用中の方が検査を受けられないことはよく知られています。
CTと違い放射線を使わないため、被曝の心配はありません。
癌の検査で威力を発揮することから、だんだんと使われる機会が増えてきています。
モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。

虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。

日本産冬虫夏草<モノリス虫草>のお問い合わせフォームはこちらから  >>