モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

複数のがんに共通して存在する「腫瘍促進たんぱく」発見

2011年6月14日、九州大病院の研究グループは、11種類のがんに共通して存在する「腫瘍促進たんぱく」を発見したことを、英国の科学電子雑誌「Scientific Reports」で発表しました。

今回発見された「腫瘍促進たんぱく」は人体に不要となった細胞の細胞死を抑制してしまい、がんの進行を後押しする働きがあるとみられています。

このたんぱくは、日本人のがんの約8割を網羅するとのことです。研究が進めば、将来がんの早期発見や治療・予防に応用される可能性があります。

モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。

虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。