モノリスニュース
がんニュース/がん治療・治療薬情報

いよいよ”免疫”の時代がやってきた!!

今年のノーベル生理学・医学賞は本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授に贈られることが決定しました。本庶教授は免疫を抑制する働きを持つ分子「PD-1」を発見し、人間がもともともっている免疫力を活性化させることでがんを治療する「がん免疫療法」に道を開き、この功績が高く評価され、今回のノーベル賞受賞につながりました。

現在、がん治療はがん細胞を直接攻撃する外科手術、放射線療法、化学療法が一般的ですが、「がん免疫療法」これらの発想とはまったく異なり、人間がもともと持っている免疫力を高めてがん細胞を抑制するやり方で、第4の「がん治療法」とまで呼ばれています。

今回のニュースは日本産冬虫夏草モノリス虫草を製造している弊社にとっても非常に嬉しいニュースです。なぜなら冬虫夏草には優れた免疫活性作用があることが昔から知られており、現在ではがん治療の補助として免疫力強化に用いられているケースもあるからです。さらに抗腫瘍性(抗がん作用)があることも証明されており、冬虫夏草の成分を使用した新薬開発の研究も進められています。

私たちモノリスも日本産冬虫夏草モノリス虫草を通して、人々の免疫力を高め、いつも活き活きと過ごしていただけるよう、みなさまの健康維持のためにより一層、まい進してまいります。

日本産モノリス虫草のお問い合わせはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本産冬虫夏草<モノリス虫草>のお問い合わせフォームはこちらから  >>