• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草


弊社モノリスはゾメタのメーカーではございません。ゾメタの使用法や効果功能・副作用等につきましては担当の医師や薬剤師にご確認ください。弊社にお問い合わせいただきましてもお答えいたしかねます。
ゾメタは骨を丈夫にするビスホスホネート系と呼ばれる種類の薬です。骨のがんに使われますが、痛みの軽減や骨折の予防が目的の薬であり、いわゆる抗がん剤ではありません。

骨のがんには骨髄に発生する骨髄腫と、他から転移してきたがんがあります。骨転移を起こしやすいがんには、前立腺がん、乳がんなどがあります。

骨は体を支える固い組織ですが、他の組織と同じように新陳代謝を繰り返しています。骨を破壊する破骨細胞と骨を再生する骨芽細胞がいるのですが、それらがバランスよく働くことで私たちの骨格は保たれています。

骨のがんは、破骨細胞の働きを活発にし、骨芽細胞の働きを鈍らせてしまいます。そのため骨を維持するバランスが崩れ、骨は血中に溶け出していきます。骨がもろくなると強い痛みや骨折が起こりやすくなり、患者さんを悩ませます。

 

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください
ゾメタの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


ゾメタのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

ゾレドロン酸

【商品名】

ゾメタ

【効能・効果】

悪性腫瘍による高カルシウム血症

多発性骨髄腫による骨病変

 【警告・注意事項】

15分以上かけて、ゆっくり点滴しないと腎臓障害が起こることがあります。

【副作用発現率】

国内の臨床試験で4mg投与群114例中71例(62.3%)に副作用が認められました。主な副作用は、発熱42.1%、嘔気13.2%、けん怠感13.2%、頭痛11.4%、骨痛8.8%、関節痛7.0%等です。

【有効率】

 投与後10日目までの血清補正カルシウム値が10.8mg/dl以下になった正常化率は、84.0%(25例中21例)。

乳がん骨転移で病的骨折、骨病変に対する放射線治療、骨病変に対する外科的手術、脊髄圧迫の発現割合は30%でした。プラセボ群の50%に比べて良好でした。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム