• モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


2011年7月1日、4価のHPVワクチンのガーダシルが厚労省に承認されました。

HPVワクチンは子宮頸がんの発生を防ぐためのワクチンで、HPV(子宮頸がんの原因ウイルス)による感染を高い確率で防ぐとされています。


HPVワクチンでは、2価のワクチンであるサーバリックスが先に承認を受け使用されています。サーバリックスはHPV16型、18型に対応するワクチンですが、ガーダシルはHPV6型、11型、16型、18型に対応します。

4種類のHPV感染を防ぐガーダシルは、子宮頸がんだけでなく、外陰上皮内腫瘍、腟上皮内腫瘍、尖圭コンジローマといったHPV疾患を幅広く予防するのが特徴です。

子宮頸がん発症の約65%は、HPV16または18型が原因とされています。尖圭コンジローマ発症の約90%がHPV 6、11型の感染が原因とされています。

国内臨床試験で認められた主な副反応は、注射部位では疼痛82.7%、紅斑32.0%、腫脹28.3%などで、全身性としては発熱5.7%、頭痛3.7%などです。

参考:MSDホームページ ニュースリリース

 


【薬剤師のコメント】

子宮頸がんの発生原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)感染です。子宮頸部にHPV感染が起こると、とても低い確率ですが異形成を経て、子宮頸がんを発症します。
しかしほとんどの場合ではHPV感染が起こっても、免疫がすべてのHPVを排除してしまうので発がんには至りません。実際多くの女性はHPV感染を経験していますが、子宮頸がんを発症するはごく一部の方です。免疫はウイルスが発がん原因とされる子宮頸がんにおいても非常に重要なのです。
もし免疫を弱めてしまうような習慣があれば改めるようにしましょう。野菜不足、運動不足、睡眠不足、過度のストレスなどは免疫の働きを悪くさせてしまいます。

HPVワクチンは、安全性、副作用、有効性にまだ未知の部分が多く残っています。20年間HPV感染を予防し続けることができるのか、感染の可能性がある女性に接種した場合の安全性、15種類あるハイリスクHPVのうち2種類もしくは4種類のHPVの感染を阻止したところで実質的な有効性はどの程度なのか。
ワクチンにはメリットとデメリットがあることを知り、よく検討し、納得の上で接種を受けましょう。

 


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。

  • 子宮頸がんワクチンによる失神、転倒
  • 大腸がん、大幅な発見率向上へ
  • 使用上の注意の改訂-2012年7月10日分抜粋
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 安全性速報-ランマークの低カルシウム血症
  • 使用上の注意の改訂-2012年12月4日分抜粋