• Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草

意外と知らない方が多いのですが、実はがんは予防が可能な病気です。
もちろん全て予防できるわけではありませんが、がんになる確率を間違いなく低下させることができます。

下に紹介する3つの公な機関が発表している予防・対策法は、いずれもデータに基づいた根拠のある発表です。
なぜ日本ではがんが増え続けているのか、これらの予防法から読み取れると思います。

がん予防10か条(世界がん研究基金)

  1. 肥満にならない。
  2. 運動する。
  3. 体重を増やす飲食物を控える。
  4. 植物性食品を摂る。
  5. 動物性食品を控える。(加工肉は避ける。乳製品は推奨されない。)
  6. アルコールは控えめにする。
  7. 保存、調理(塩分摂取量を1日に6g以下に。カビのある穀物や豆を避ける。)
  8. サプリメント(栄養補給はサプリメントに頼らない。)
  9. 母乳哺育(母親を乳がん等から守る。子供を肥満や病気から守る。)
  10. がん治療後(がん予防に詳しい専門家の指導を受ける。)

タバコは肺、口腔、膀胱がんの主因。タバコとアルコールは相乗作用で発癌物質となる。

 

がん対策の目標(健康日本21-日本厚生労働省)

  1. 喫煙が及ぼす健康影響についての知識の普及、分煙、節煙。
  2. 食塩摂取量を1日10g未満に減らす。
  3. 野菜の平均摂取量を1日350g以上に増やす。
  4. 果物類を摂取している人の割合を増やす。
  5. 食事中の脂肪の比率を25%以下にする。
  6. 純アルコールで1日に約60g飲酒する人の割合を減少する。 「節度ある適度な飲酒」は、約20gという知識の普及。
  7. がん検診。胃がん、乳がん、大腸がんの検診受診者の5割以上の増加。

がんを防ぐための12か条(日本国立がんセンター)

  1. バランスのとれた栄養をとる
  2. 毎日、変化のある食生活を
  3. 食べすぎをさけ、脂肪はひかえめに
  4. お酒はほどほどに
  5. たばこは吸わないように
  6. 食べものから適量のビタミンと食物繊維を摂る
  7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
  8. 焦げた部分はさける
  9. かびの生えたものに注意
  10. 日光に当たりすぎない
  11. 適度に運動をする
  12. 体を清潔に

お気づきになったかと思いますが、これらの指針は生活習慣病の予防法とよく似ています。似ている理由は簡単で、がんも生活習慣病のひとつだからです。

ストレスという言葉は出てきませんでしたが、ストレスは免疫を低下させる要因です。適度な運動がストレス発散に効果的です。

これらは予防法となっていますが、すでにがんが見つかった方でもぜひ取り組んでください。もしがんを心配している方で、医師から好きなものを食べて良いと言われているのでしたら、ぜひモノリスにご相談ください。アドバイスができるかと思います。

メール相談は無料です。

  • 診療情報の提供等に関する指針(厚生労働省策定)
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 便秘(麻薬性鎮痛剤の副作用)
  • インフォームド・コンセントとは?
  • セカンド・オピニオンの役割
  • タンパク質