• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)

セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)はヨーロッパ原産の植物で、黄色い花をつける多年草です。

うつ症状や不眠を改善するハーブとして利用されています。ドイツでは医薬品として認可されており、初期のうつ症状によく用いられています。日本でも市販されており、誰もが手に入れることができます。多くは錠剤タイプのサプリメントですが、ハーブティーでの飲用も人気があります。薬剤との相互作用があり、併用には注意が必要です。


セント・ジョーンズ・ワートには脳内のセロトニンという物質を増やす作用があります。セロトニン量が増えると、気分が明るく前向きになってきます。逆にセロトニン量が低下した場合は、イライラ感、不安、うつ症状が出やすいと考えられています。

薬剤との相互作用が起こることが報告されています。セント・ジョーンズ・ワートの作用により効果が低下してしまう薬剤が多数あるので気をつけましょう。

すでにセント・ジョーンズ・ワートと薬剤を併用している方が、併用が良くないと知って急にセント・ジョーンズ・ワートやめてしまうと危険です。薬剤の作用が急に強まり、危険な副作用が発現する恐れがあります。セント・ジョーンズ・ワートを飲用している方は薬剤師などに相談してください。また病院や薬局でもらう薬剤の説明書には、よく目を通すようにしましょう。

セント・ジョーンズ・ワートは薬物代謝酵素であるシトクロムP450のCYP3A4を誘導します。シトクロムP450は肝臓にある解毒酵素で、薬剤を水酸化して排泄させやすくする働きを持っています。

セント・ジョーンズ・ワートの影響を受ける薬剤(一部)
商品名 一般名 簡単な薬効
カンプト/トポテシン イリノテカン 肺がん、大腸がん等
スーテント スニチニブ 腎臓がん、消化管質腫瘍
タイケルブ ラパチニブ 乳がん
トーリセル テムシロリムス 腎臓がん
ネクサバール ソラフェニブ 腎臓がん、肝臓がん
プロセキソール エチニルエストラジオール 前立腺がん、乳がん
ワーファリン ワルファリン 血栓予防薬
ジゴキシン/ラニラピッド ジギトキシン/メチルジゴキシン ジギタリス製剤・強心剤
サンディミュン/ネオーラル シクロスポリン 免疫抑制剤
プログラフ タクロリムス 免疫抑制剤
テオドール/テオロング テオフィリン 気管支拡張・喘息治療薬
テグレトール/ヒダントール カルバマゼピン/フェノバール・フェニトイン 抗てんかん・抗けいれん薬
プロノン/アンカロン プロパフェノン/アミオダロン 抗不整脈薬
アンジュ/オーソ エストロゲン類薬 経口避妊薬

※これ以外の薬品でも影響を受けるものがあります。例えばシトクロムP450CYP3A4が代謝に関わる抗がん剤にタキソール(パクリタキセル)があります。ただしタキソールの添付文書にはセント・ジョーンズ・ワートを避ける旨の記載はありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。

一般記事の関連記事
  • 診療情報の提供等に関する指針(厚生労働省策定)
  • 使用上の注意の改訂-2012年8月7日分抜粋
  • アルサルミンがCA19-9を上昇させる恐れ
  • インフォームド・コンセントとは?
  • セカンド・オピニオンの役割
  • 健康増進クリニック-モノリス虫草エキス・虫草カプセル