モノリスニュース
お役立ち情報

あなたの体調不良は台風が原因かも!?

このところ毎週のように台風が日本列島を襲い、今年はまさに台風の当たり年ともいえます。ところが台風がやってくると体調を崩すという方が結構いらっしゃいます。また、台風だけでなく、低気圧が近づいて気圧が低くなってくると頭痛、腰痛、肩こり、めまい、耳鳴り、吐き気などなど体調不良を訴える方が増えるのも事実です。これらの天気によって引き起こされる体調不良は「気象病」と呼ばれるもので、決して「気のせい」ではありません。

では何故、低気圧になると体調不良になるのでしょうか?ひとつには気圧が低くなると私たちの身体は血管やリンパ管が膨張し(山にお菓子の袋をもっていくとパンパンに膨れますよね。あれと同じ)、膨張した血管が頭蓋骨や脳を圧迫して頭痛や、めまいやだるさなどが出たりします。

また、気圧が下がると気流が上昇して、地上の酸素濃度は若干ですが薄くなります。つまり私たちの吸う酸素の量が減少して、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、自律神経の乱れを招くのです。さらに、私たちの耳の奥にある「内耳」には気圧の変化を感じるセンサーがあり、「内耳」が気圧の変化に敏感すぎるとやはり自律神経の乱れで、体調不良の原因となるとも言われています。

特に台風の時は要注意。気圧の変化が急激で、移動スピードも速いので、一気に自律神経が乱れて、体調を崩してしまう人が多いのです。

その対処法は自律神経を整えるために「十分な睡眠」「規則正しい食事生活」「朝起きたら太陽の光をあびる」「ウオーキングなどの軽い運動」「お風呂にゆっくり入る」、また「深呼吸をして体内にたっぷり酸素を取り入れる」というのも効果的と言われています。

これからもまだまだ台風はやってきます。免疫力を整え、台風に負けない体づくりを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


記事がお役に立てましたら共有をお願いします。
日本産冬虫夏草<モノリス虫草>のお問い合わせフォームはこちらから  >>