健康コラム:自分とペットの健康は自分で作ろう

7寝すぎても肥らないライオン

野生のライオンは1日のうち20時間近くをゴロゴロと寝て暮らしている。野生の王国の王様だからほかの動物に襲われる心配もなく食べるものにも困らないからだろう、と考えるのはちょっと早計である。

実はえさとなる動物を捕まえるためにエネルギーを寝て蓄えているのだ。ライオンが腹をすかし、シマウマなどを捕らえようとして100メートルを5秒という俊足で追っても見事うち倒して喰える確立は10%でしかない。敵もさるものでそうやすやすと捕まってくれはしないのである。

日中には40~50℃にもなるサバンナをうろうろしていれば、それだけ体力を消耗し、いざという時に役に立たなくなる。ライオンは本能的にこのことを知っているのである。

本能的行動から離れてしまった私たち人間は、こうした生活上の大切なバランスをついつい忘れがちである。

毎日の生活バランスを保つためにも、「モノリス虫草」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


記事がお役に立てましたら共有をお願いします。

2019年03月08日

日本産冬虫夏草<モノリス虫草>のお問い合わせフォームはこちらから  >>