健康コラム:自分とペットの健康は自分で作ろう

1ねこっかわいがりされた猫【健康コラム:自分とペットの健康は自分で作ろう】

かつてネコは、前足と後ろ足をもって、逆さにぶらさげ、 地上30cm位の高さから落としても空中で反転し、ちゃんと四本足 で着地できる動物だった。

だが最近ちょっと様子が変ってきた。返転せずにそのまま背中かからドスンとぶざまに落っこちるネコが増えてきたのである。そればかりではない。わずか40cm位の高さの台から飛びおりて足を骨折したネコさえいる。

もちろん野良ネコにはこんなのはいない。飼いネコはエサの心配 もないのでネズミを捕るために走りまわることもない。陽にもあたらない。その結果クル病になるネコが多くなり、空中で返転どころか、歩くのさえ足が痛いことであろう。

われわれ人間も、知らず知らずのうちに運動不足になりがち。 自分の健康は自分で管理する心がけが必要だ。

私たちの健康づくりには、栄養・運動・休養のバランスが大切です

バランスを保つためにも、モノリスの「虫草」。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


記事がお役に立てましたら共有をお願いします。

2018年05月14日