• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草

読売新聞に次のような記事が掲載されました。

 

脂っこい食事の誘惑に勝つ…身近な食材、発見

玄米の成分が脂肪分の多い食事への誘惑を軽減することを、琉球大学の益崎裕章教授(内分泌代謝)らがマウスの実験で明らかにした。米国糖尿病学会誌に発表する。肥満や糖尿病の予防に役立つと期待される。

人間を含む哺乳類は飢餓と闘ってきたため、カロリーの高い脂肪を好む傾向がある。研究チームがマウスに高脂肪食(脂質45%、炭水化物35%、たんぱく質20%)と通常食(同10%、同70%、同20%)を与えて自由に選ばせると、マウスは高脂肪食ばかり食べて肥満になった。

ところが、エサの炭水化物の半分をコーンスターチなどから玄米に替えたところ、マウスは通常食を選ぶようになり、体重増加が半分に抑えられた。白米を混ぜても、このような効果はなかった。

玄米が健康に役立つことは多くの方がご存知でしょうが、この実験結果もそれを裏付けるものとなっています。

玄米は白米に比べて栄養価に富みます。そのうえ高脂肪食の誘惑を断ち切るような作用があることがわかり、最高のダイエット食材だと考えて良いでしょう。

もちろん脂肪食をゼロにする必要はありません。問題なのは過剰摂取だったり、すでに肥満気味のケースです。そのような方には玄米を使った食事を推奨します。

 

 

がん抑制との関連性

今回の記事はがん抑制についてまでは言及していませんが、高脂肪食依存を断ち切るることができれば、間接的にがんを抑制することになります。

動物性脂肪の摂取過剰は多くの癌の発生に関わるうえ、肥満自体ががんのリスク因子のひとつです。そして糖尿病はあきらかな膵臓がんのリスク因子です。

そして最近の研究では糖尿病と関連するインスリン抵抗性という体の状態が、がんの発生や増殖を促すことがわかってきています。

他にも抗酸化作用、がんの成長を直接抑制すると考えられる成分が見つかるなど、「玄米はがん抑制に有用」というのが私たちの考えです。

  • 子宮頸がんワクチンによる失神、転倒
  • 大腸がん、大幅な発見率向上へ
  • 使用上の注意の改訂-2012年7月10日分抜粋
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 安全性速報-ランマークの低カルシウム血症
  • 使用上の注意の改訂-2012年12月4日分抜粋