• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草

 メトホルミンを使用している2型糖尿病患者は大腸がんのリスクが37%低下する。



Zhi-Jiang Zhang氏らは米国糖尿病学会が発行する医学誌DiabetesCareに興味深い研究を発表しています。

メトホルミンが、がんリスクを低下させるという報告はいままでにも複数発表されています。今回Zhi-Jiang Zhang氏らは、過去のメトホルミンに関する研究を解析しました。

対象は108,161例にもなります。

解析の結果は、2型糖尿病でメトホルミンを使った患者は、メトホルミンを使わなかった患者に比べて、大腸がんの発生危険度は0.63と有意に低かったとのことです。すなわち大腸がんリスクが37%低下したという意味です。

報告は、「更なる調査が必要である。」として締めくくられています。

 

 メトホルミンは見直されるべき?

ビグアナイド系と呼ばれる2型糖尿病の治療薬です。強力な薬とは言えませんが、肥満型の糖尿病に向いており、膵臓への負担が少ないというメリットがあります。世界では標準的な糖尿病治療薬ですが、日本での使用頻度はあまり高くありません。

メトホルミンが海外ほど使われない理由の一つは、乳酸アシドーシスという副作用が起こる可能性があるためです。ですが乳酸アシドーシスの頻度はけして高くはありません。むしろ強力な血糖降下剤による低血糖のほうがよほど警戒されるべきです。

乳酸アシドーシスは特に日本人で多いというわけではありませんが、日本では異常に警戒されている副作用です。もちろん油断してはいけませんが、注意して使っていればそれほど心配しすぎることはないでしょう。

またメトホルミンは低価格(250mg錠=10円以下)です。その上に大腸がんの発生リスクを低下させるとなれば、国民医療費の面からもメリットの大きな薬だと思います。

ちなにみ膀胱がんリスクを上昇させる報告がある糖尿病治療薬ピオグリタゾン(アクトスなど)とはまったくの別成分です。

メトホルミンの過去の記事

大腸がんの傾向

最近、目立って増えてきているがんです。発生リスクを上昇させる要因はいくつもありますが、食の欧米化が影響していると考えられています。アメリカでは7%の人が大腸がんに罹ると言われています。

大腸がんは生活習慣病だと考えてもらって良いでしょう。おそらく大半の大腸がんは予防することができます。

大腸がんのページもご参照ください。

 

がんリスクを低下させる薬剤

メトホルミン以外にも大腸がんや他のがんのリスクを低下させる薬があります。

鎮痛薬で有名なアスピリン、胃潰瘍の治療薬のシメチジンにはがんリスクを低下させる可能性があります。動物治療の世界では、膀胱がんの治療には消炎鎮痛剤はよく用いられています。

もし頭痛や胃炎の治療薬を選択する際には、これらを考慮しても良いかと思います。(短期間の使用でメリットがあるかは不明です。)

 


モノリスのホームページでは患者様にメリットがあると判断した情報は、専門的であっても伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


抗がん剤治療をサポートする虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。

  • 子宮頸がんワクチンによる失神、転倒
  • 大腸がん、大幅な発見率向上へ
  • 使用上の注意の改訂-2012年7月10日分抜粋
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 安全性速報-ランマークの低カルシウム血症
  • 使用上の注意の改訂-2012年12月4日分抜粋