• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)

アメリカのマーシャル大学でエレイン・ハードマン博士らが行った研究です。

マウスをコーン油を与え続けた群と、くるみを与え続けた群に別けて、乳がんの発生率を比較しました。くるみの量は人に換算すると1日約57gです。

結果はくるみを与え続けた群の乳がん発生率は、コーン油の群の半分以下でした。また腫瘍の大きさや数も有意に少なくなりました。

ハードマン博士の研究室では過去に、マウスに移植した乳がんの増殖がくるみによって遅くなることも発見しています。

ハードマン博士は、すべてのがんの30~60%は食事で予防でき、新鮮な野菜や果物、全粒粉やナッツを取り入れた食事が重要だと考えていると語っています。

くるみは渋皮ごと食べること。個別の栄養素としてでなく、食品としての研究が今後は必要。くるみは抗酸化物質、植物ステロール、植物性オメガ3脂肪酸などがぎっしり詰まっており、これらの成分が協調して作用していると博士は述べています。

参考:カリフォルニアくるみ協会ホームページ

 

【薬剤師のコメント】

がんは生活習慣の見直しで予防できることが、以前より知られています。食習慣もがんの発生・増殖に大きな関わりがあり、ハードマン博士の研究はそれを裏付けています。

しかし残念ながら日本ではそのような教育が施されておりません。メディアも医療費の増大については報道しますが、なかなかその対処法を提案することはありません。

モノリスでは、がんの方をサポートするため食事のアドバイスも行っております。気軽にご相談下さい。

  • 子宮頸がんワクチンによる失神、転倒
  • 大腸がん、大幅な発見率向上へ
  • 使用上の注意の改訂-2012年7月10日分抜粋
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 安全性速報-ランマークの低カルシウム血症
  • 使用上の注意の改訂-2012年12月4日分抜粋