• モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草

健康産業新聞から抜粋

 2010年の人間ドック受診者約308万人で見つかった「異常」は、前年2位だった「肥満」が最多になったことが、日本人間ドック学会が先月19日発表した調査結果でわかった。肥満だけでなく、健康度は15項目中12項目で前年より悪化。「異常なし」の割合は前年より1.1ポイントも減少して8.4%となり、過去最低となった。厚生労働省がまとめた2010年度の概算医療費は過去最高の36.6兆円に膨らんでおり、生活習慣病の「予防」はさらに重要性を増している。


薬剤師のコメント

人間ドックは体が異常な状態であることを教えてくれます。ですが人間ドックが病気を予防してくれるわけではありません。今回9割以上の人に何らかの異常が見つかっています。これははっきりいって非常事態です。
この事態を受けてひとりひとりが意識を高め、早急に生活の見直しに取り組まなくてはいけません。

「病気になったら病院へ行けば良い。」
「治療費は保険が面倒を見てくれる。」

という考えのままでは、増大する医療費に歯止めをかけられません。保険が効く効かないは個人の視点であって、国民医療費という大きな視点からは意味がありません。保険制度はけして値引き制度ではなのです。

今回は人間ドックの結果ですが、ドックを受けてない人たちの中の「異常」の割合も相当に高まっていると思われます。

「異常」の割合が10%ならば、みんなで支えることができます。ですがもし50%を超えていたら・・・、支えるという表現すら不適切でしょう。

まずは病院や保険に頼り過ぎないこと。
本当の健康は自分たちで手に入れるしかないのです。
食事や運動で生活習慣病やがんを減らせることは明らかになっています。今日から取り組みましょう。私たちもサポートいたします。
  • 子宮頸がんワクチンによる失神、転倒
  • 大腸がん、大幅な発見率向上へ
  • 使用上の注意の改訂-2012年7月10日分抜粋
  • 過剰な鉄分が癌を増やす
  • 安全性速報-ランマークの低カルシウム血症
  • 使用上の注意の改訂-2012年12月4日分抜粋