• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)


ハラヴェンは手術のできない進行した乳がん、または再発した乳がんに使われる抗がん剤です。他の抗がん剤を使用したにも関わらず癌が悪化してきた場合に限って使うことができます。

ハラヴェンはチューブリンの重合を阻害して微小管の伸長を抑制することで正常な紡錘体形成を妨げます。その結果、細胞分裂は停止しアポトーシスが引き起こされるため、腫瘍の増殖が抑制されます。

 

ハラヴェン(エリブリンメシル酸塩)の添付文書からの情報

極めて重要な情報源である添付文書ですが、一般の方には非常に難解です。
少しでもわかりやすくなるように、重要性の高い情報をまとめました。

省略した情報や表現を変更した部分があります。重要な判断を必要とする場合は、必ず以下のサイトから原文を確認してください。
独立行政法人 医薬品医療機器情報提供機構ホームページ

モノリスへのお問い合わせはこちらをご利用ください。お問い合せフォーム

 

警告・禁忌・重要な注意事項

  • 骨髄抑制があらわれることがあるので、頻回に血液検査を行うなど、患者の状態を十分に観察すること。

 

発現頻度の高い副作用

国内第II相試験において、安全性解析対象症例81例中全例で副作用が報告されています。
主な副作用は、好中球減少(98.8%)、白血球減少(98.8%)、脱毛症(58.0%)、リンパ球減少(54.3%)、疲労(44.4%)、食欲減退(43.2%)、悪心(42.0%)、口内炎(38.3%)、味覚異常(33.3%)、ヘモグロビン減少(32.1%)、AST(GOT)上昇(29.6%)、ALT(GPT)上昇(27.2%)、CK(CPK)上昇(25.9%)、発熱(24.7%)、末梢神経障害(24.7%)、γ‐GTP上昇(19.8%)、嘔吐(14.8%)、頭痛(14.8%)、発熱性好中球減少(13.6%)、下痢(13.6%)、LDH上昇(12.3%)、Al‐P上昇(12.3%)、血小板減少(11.1%)、けん怠感(11.1%)、発疹(11.1%)です。

 

成績

アントラサイクリン系薬剤及びタキサン系薬剤を含む前治療を有する進行又は再発乳癌患者に対し、奏効率は21.3%(17/80例)であり、無増悪生存期間の中央値は112日であった。

 

奏効率-用語解説


服用中の医薬品を自分の判断だけで、中止・用法用量変更することは危険です。必ず担当医や担当薬剤師に相談して下さい。

がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム