• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草


TS-1(ティーエスワン)は5-FUをもとに作られた抗がん剤です。効果を高めつつ、副作用を軽減するような工夫が施されています。

経口薬なので服用が簡単です。5-FUで多かった消化器系の副作用が軽減されています。そして腫瘍縮小効果は強化されています。


下はTS-1に含まれる3つの成分です。

テガフール…5-FUのプロドラッグ。体の中に入ってから抗がん作用を発揮します。

ギメラシル…5-FUが体の中に長くとどまるようにして、効果を高めます。

オテラシル
…本来は起こりやすい胃腸障害の副作用を減らします。

【薬剤師のコメント】オテラシルが配合されているため、吐気、下痢などの胃腸障害が起こりにくくなっています。ただし骨髄抑制は軽減されません。
骨髄抑制は自覚しにくく、重度になると感染症が心配です。しっかりと血液検査を受けておきましょう。

ギメラシルは5-FUの代謝を遅らせる働きを持っています。5-FU(類薬も含む)を併用すると骨髄抑制などの副作用が強烈に発現する恐れがあります。併用でなくても切り替える場合は7日間以上の間隔をあけなくてはなりません。

文献によってはTS-1のことがS-1と書かれていることがあります。S-1は開発時の名称で、今も使われています。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください

TS-1の作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


TS-1のより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム

【商品名】

TS-1

【効能・効果】

胃癌、結腸・直腸癌、頭頸部癌、非小細胞肺癌、手術不能又は再発乳癌、膵癌、胆道癌

【警告・注意事項】

投与を制限する毒性は骨髄抑制です。頻回に臨床検査を実施します。

劇症肝炎等の重篤な肝障害が起こることがあるので、定期的に肝機能検査を行います。
 
他のフッ化ピリミジン系抗悪性腫瘍剤、抗真菌剤フルシトシンとの併用により、重篤な血液障害等の副作用が発現するおそれがあるので、併用を行わないこと。 
 
重篤な骨髄抑制、重篤な腎障害、重篤な肝障害のある方には使いません。 
 
妊婦又は妊娠している可能性のある方にも使いません。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

副作用 単独投与時発現率 単独投与時発現率 単独投与時発現率 単独投与時発現率
全体
(578例)
前治療有乳癌
(55例)
膵癌
(59例)
胆道癌
(59例)
副作用発現率
(グレード3 以上)
87.2%
(22.5%)
96.4%
(30.9%)
98.3%
(42.4%)
94.9%
(30.5%)
白血球減少
(2000/mm3未満)
45.8%
(2.8%)
69.1%
(9.1%)
32.2%
(0%)
49.2%
(3.4%)
好中球減少
(1000/mm3未満)
43.9%
(8.5%)
72.7%
(10.9%)
27.1%
(6.8%)
42.4%
(5.1%)
ヘモグロビン減少
(8g/dL未満)
38.1%
(5.7%)
45.5%
(3.6%)
50.8%
(5.1%)
50.8%
(6.8%)
血小板減少
(5×104/mm3未満)
10.9%
(1.6%)
38.2%
(1.8%)
33.9%
(1.7%)
23.7%
(0%)
AST(GOT)上昇 11.1% 34.5% 18.6% 37.3%
ALT(GPT)上昇 11.1% 29.1% 16.9% 27.1%
食欲不振
(グレード3 以上)
33.9%
(3.5%)
54.5%
(5.5%)
61.0%
(13.6%)
33.9%
(6.8%)
悪心
(グレード3 以上)
22.3%
(0%)
47.3%
(0%)
55.9%
(10.2%)
32.2%
(3.4%)
嘔吐
(グレード3 以上)
7.8%
(0.5%)
30.9%
(0%)
35.6%
(5.1%)
20.3%
(1.7%)
下痢
(グレード3 以上)
18.7%
(2.9%)
38.2%
(5.5%)
37.3%
(6.8%)
22.0%
(1.7%)
全身倦怠感 22.3% 47.3% 47.5% 35.6%
口内炎 17.1% 41.8% 25.4% 27.1%
色素沈着 21.3% 47.3% 39.0% 42.4%
発疹 11.8% 16.4% 22.0% 22.0%

【奏効率】 →用語解説

がんの部位別の奏効率を下の表にまとめました。

がんの種類 奏効率
胃がん 46.5%
結腸、直腸癌 32.6%
頭頚部がん 34.1%
非小細胞肺がん 18.2%
手術不能または再発乳がん 21.8%
膵臓がん 32.2%
胆道がん 30.5%

【生存期間中央値】 →用語解説

添付文書に記載がありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


虫草エキスについてのお問い合わせはこちらから。

がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム