• モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


プロスタールはアンドロゲン(男性ホルモン)の働きを抑える作用を持った、前立腺がんの治療薬です。前立腺がんはアンドロゲンにより増殖する性質を持っています。

アンドロゲンの刺激を抑え、前立腺がんの進行を遅らせる治療はホルモン療法と呼ばれ、強力な抗がん剤治療よりも体の負担が遥かに少なくて済みます。ただし根治的な治療ではなく、がんをしばらく大人しくさせることが目的となります。


【薬剤師のコメント】アンドロゲンの働きを抑えるため、女性ホルモンが優位になります。そのためプロスタールを使用している方には女性化乳房などの副作用がみられることがあります。

前立腺がんに使われるのはプロスタール錠25という製品です。プロスタールL錠50mgという製品は前立腺肥大症にしか使えない徐放製剤です。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください
プロスタールの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


プロスタールのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

クロルマジノン酢酸エステル

【商品名】

プロスタール

【効能・効果】

前立腺がん
前立腺肥大症

【警告・注意事項】

劇症肝炎、肝機能障害、黄疸が現れ、亡くなった方がいます。定期的な肝機能検査が必要です。もともと重篤な肝障害・肝疾患がある場合は悪化することがあるので使えません。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

前立腺がんでは996例中84例(8.4%)の副作用が報告され、主なものは女性型乳房3.0%、肝臓・胆管系障害1.5%、浮腫1.3%等でした。

【奏効率】→用語解説

186例での有効率は、63.4%です。

このうち病期A~Dの未治療における有効率は67.1%(114/170)です。

【生存期間中央値】→用語解説

添付文書には記載がありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム