• Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


アドリアシンは抗がん性抗生物質と呼ばれる抗がん剤です。
様々ながんへの適用を持っていますが、多くの場合は他の抗がん剤と組み合わせて投与されます。

悪性リンパ腫のABVD療法、CHOP療法、R-CHOP療法。乳がんのAC療法、膀胱がんのM-VAC療法。アドリアシンを組み込んだいろいろなレジメンが開発されてきました。

【薬剤師のコメント】古くから用いられている抗がん剤です。以前は強力な作用を持つ抗がん剤として様々ながんの治療に使われていました。現在はより強力な抗腫瘍作用をもった薬剤が登場しており、使われるシーンは徐々に減ってきています。

【モノリスからのお知らせ】メール相談をご利用ください
アドリアシンの作用を増強し副作用の軽減が期待できます。がんの治療の悩みなどお気軽にご相談ください。


アドリアシンのより詳しい情報はリンク先でご覧になれます。

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
https://www.info.pmda.go.jp/


【成分名】

ドキソルビシン

【商品名】

アドリアシン

【効能・効果】

下記諸症の自覚的及び他覚的症状の緩解悪性リンパ腫(細網肉腫、リンパ肉腫、ホジキン病)、肺癌、消化器癌(胃癌、胆のう・胆管癌、膵臓癌、肝癌、結腸癌、直腸癌等)、乳癌、膀胱腫瘍、骨肉腫以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法乳癌(手術可能例における術前、あるいは術後化学療法)、子宮体癌(術後化学療法、転移・再発時化学療法)、悪性骨・軟部腫瘍、悪性骨腫瘍、多発性骨髄腫、小児悪性固形腫瘍(ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、横紋筋肉腫、神経芽腫、網膜芽腫、肝芽腫、腎芽腫等)

【警告・注意事項】

過去に心機能異常があった方は使えません。心筋障害が現れることがあります。

感染症を合併していると骨髄機能抑制により悪化しやすいので気を付けます。水痘の場合は致命的となる場合があります。 

骨髄機能抑制、心筋障害等の重篤な副作用が起こることがあります。 

総投与量が500mg/m2を超えると重篤な心筋障害を起こすことが多くなります。また、胸部あるいは腹部に放射線療法を受けていると心筋障害が増強されるおそれがあります。

併用療法で二次性白血病、骨髄異形成症候群(MDS)が発生することがあります。 

出血傾向の発現又は悪化に十分注意すること。 

点滴で針から薬液が漏れると皮膚障害が起こります。

【副作用発現率】 →抗がん剤の副作用

全身投与例
承認時及び副作用頻度調査において、1,196例中、副作用及び臨床検査値異常の発現例は1,103例(発現率92.2%)でした。
主な副作用は61.6%、白血球減少43.4%、悪心・嘔吐42.9%、食欲不振39.7%、口内炎22.2%、血小板減少15.6%、貧血・赤血球減少14.6%、心電図異常12.1%です。

膀胱腔内注入例
承認時及び副作用頻度調査において、919例中、副作用及び臨床検査値異常の発現例は327例(発現率35.6%)でした。
主な副作用は膀胱刺激症状33.9%、発熱1.2%、食欲不振1.1%、白血球減少1.0%、萎縮膀胱0.9%、残尿感0.9%、脱毛0.9%です。

【奏効率】→用語解説

添付文書には有効率の記載がありました。

自覚症状の改善を加味した施設毎の判定基準の「やや有効」以上を有効としています。
膀胱腫瘍に対する膀胱腔内注入法においては、膀胱鏡所見に基づき腫瘍縮小効果の統一基準を設定し、50%以上の腫瘍縮小を有効例として算定しています。骨肉腫においては肺転移に対する効果をみています。

アドリアシン有効率
対象疾患  有効率(有効例/評価例) 
リンパ肉腫  46.7%(7/15) 
細網肉腫  23.1%(6/26) 
ホジキン病  40.0%(2/5) 
肺癌  34.2%(25/73) 
胃癌  29.7%(22/74) 
胆のう・胆管癌  60.0%(3/5) 
直腸癌  9.1%(1/11) 
結腸癌  22.2%(2/9) 
肝臓癌  16.7%(1/6) 
膵臓癌  40.0%(2/5) 
乳癌  50.0%(10/20) 
膀胱腫瘍  59.3%(102/172) 
骨肉腫  25.9%(7/27) 

 
【生存期間中央値】→用語解説

添付文書には記載がありません。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


関連キーワード
がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム