• モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草


FOLFOX(フォルフォックス)とFOLFIRI(フォルフィリ)は大腸がんに使われるレジメンです。抗腫瘍効果を高めるために、それぞれ3種類の薬剤を組み合わせています。
さらに最近登場した分子標的薬アービタックスアバスチンを追加することもあります。

FOL:フォリン酸
F:フルオロウラシル(5-FU)
OX:オキサリプラチン
IRI:イリノテカン

フォリン酸(ロイコボリン)
抗がん剤ではありませんが、5-FUの効果を強める作用を持っています。

フルオロウラシル(5-FU)
5-FUは葉酸代謝拮抗薬と呼ばれるタイプの抗がん剤です。

オキサリプラチン(エルプラット)
分子内にプラチナを含み、白金製剤と呼ばれる抗がん剤です。

イリノテカン(カンプト)
トポイソメラーゼIを阻害する作用を持った抗がん剤です。


モノリスのホームページでは専門的な情報もお伝えしています。疑問点は薬剤師などに確認して下さい。
医療用医薬品を自分だけの判断で開始、中止、用量変更すると危険な場合があります。


がん治療薬情報の関連記事
  • TS-1(テガフール・ギラシル・オテラシル)-胃がん、膵がんなど
  • MSコンチン(モルヒネ)-がん性疼痛
  • FOLFOXとFOLFIRI-大腸がん
  • BCG-膀胱がん
  • 5-FU(フルオロウラシル)-大腸がん等
  • 酸化マグネシウム