• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
開業以来、西洋医学に東洋医学を取り入れ、予防医学の重要性を提唱し、食事指導、栄養指導、運動指導まで自ら実践、心身医学療法も取り入れ、トータルヘルスの確立に努めています。
南越谷健身会クリニック-周東寛先生

現代病と言われる「生活習慣病」に変わる、地球上におけるダイオキシン・環境ホルモン等を意識した「生活環境病」を新たにうったえています。

さらに日本自然治癒医学協会常任理事として、すべての動植物がもち備える、癒しの力、自然治癒力の研究・普及にも力を入れています。

これから目指す医療は、高度な設備と洗練されたスタッフを備えた医療です。

予防医学を行い、健康指導をして人々に幸せな生活を提供します。

当健身会の特徴は、専門的医療に総合診療を加えたもので、患者さん一人一人に見合うテーラーメードの医療と同時に、発見した病気を専門的な医療機関と専門医に紹介をするコーディネートの医療をすることです。

我々は、医療を三つのステップと考えています。

第1ステップは、診断までの段階。

第2ステップは、計画的治療までの段階。(より専門医や機関にも紹介する)

第3ステップは、健康づくり指導、ライフスタイル改善指導までの段階。

第1ステップである良き診断をするためには、洗練されたスタッフ及び高度な医療機器、さらに適確な診断力が必要です。

第2ステップの治療については、患者さんの疾患にあった治療計画を作成し、より良い医療機関や専門医に紹介するが、それだけではなく、必ずその後の経過も逆報告していただくことによって、不安のない満足した医療結果が得られます。

第3ステップに関しては、今までのライフスタイルを反省し、悪かった生活習慣を見直し、生活環境を改善することによって、病気になってしまった体質を改善して健康づくりをし、自分と周りの人々に幸せな生活が送れるように努めていただきます。

これが全人的医療・トータルヘルスの実践になると確信しています。

南越谷健身会クリニックで受けられる治療

モノリス虫草エキス・モノリス虫草カプセルと併用して、活性化自己リンパ球療法などを受けることができます。

また最先端のマルチスキャンCT検査やMRI検査、マンモグラフィー検査、DR検査(デジタル放射線画像検査)などの検査設備がとても充実していますので、治療経過を詳しく確認することが可能です。

南越谷健身会クリニックの受診を希望される方へ

南越谷健身会クリニックの受診を希望される方は、モノリスまでご連絡ください。

電話:048-474-0884

メール:メールでのお問合わせ

南越谷健身会クリニック - 診療科目/診療時間/休診日

診療時間/休診日

診察は予約制です

  日・祝
午前9:00-13:00 休診
午後2:30-6:00 休診 休診

※○:通常診療

※日曜・祝日が休診日となります。

周東寛医師プロフィール

健身会 理事長 周東 寛(医学博士)
現職 南越谷健身会クリニック院長昭和大学藤が丘病院呼吸器内科兼任講師
経歴 1978年 昭和大学医学部卒業

1978年6月~80年4月

 昭和大学藤が丘病院内科勤務

1980年5月~86年2月

 昭和大学藤が丘病院呼吸器内科教室勤務

1986年3月

 駅ビル医院「せんげん台」及び大袋医院を開院

1990年12月

 医療法人健身会設立 理事長に就任

2008年

 南越谷健身会クリニック院長

所属
学会等
昭和大学藤が丘病院呼吸器内科兼任講師日本呼吸器内視鏡学会指導医

日本アレルギー学会認定専門医

日本未病システム学会評議員

日本内科学会認定医

日本呼吸器疾患学会認定医

日本東洋医学会認定医

学校医(埼玉県立越谷北高等学校医)

日本温泉療法医

著書 『体操で覚える気管支分岐』『腰痛・肩凝りは寝る姿勢が原因だった』

『院長の気がかり』

『医学博士周東寛先生のダイエット講座』

『ガンに克つ8つの知恵』

『アトピー最新治療Q&A』

『生活環境病』

『続・生活環境病』

『野草酵素健康法』

『これを知れば呼吸器の診断が楽になる』

など多数

一般記事の関連記事
  • 診療情報の提供等に関する指針(厚生労働省策定)
  • 使用上の注意の改訂-2012年8月7日分抜粋
  • アルサルミンがCA19-9を上昇させる恐れ
  • インフォームド・コンセントとは?
  • セカンド・オピニオンの役割
  • 健康増進クリニック-モノリス虫草エキス・虫草カプセル