• モノリス虫草
  • モノリス虫草
  • Q&A(よくある質問)
  • モノリス虫草

肺がん(肺癌)は早期発見が困難で難治性のがん

肺がん(肺癌)は2009年の部位別がん死亡数で、男性49035人、女性18548人、男女合計では67583人となり、全てのがんの中で男女とも死因の第一位となりました。

ちなみに、2009年にがんで死亡した人は男性20万6352人、女性13万7753人、合計34万4105人です。

2009年 部位別がん死亡数は以下の通りです

死亡数の多い部位-男性 死亡数の多い部位-女性
  1. 肺がん(49035人)
  2. 胃がん(32776人)
  3. 大腸がん[結腸癌+直腸癌](22965人)
  4. 肝臓がん(21637人)
  5. 膵臓がん(14094人)
  6. 前立腺がん(10036人)
  7. 食道がん(9908人)
  8. 胆道がん[胆管癌+胆嚢癌](8598人)
  9. 悪性リンパ腫(4294人)
  10. 白血病(4765人)
  1. 大腸がん[結腸癌+直腸癌](19835人)
  2. 肺がん(18548人)
  3. 胃がん(17241人)
  4. 膵臓がん(12697人)
  5. 乳がん(11918人)
  6. 肝臓がん(11088人)
  7. 胆道がん[胆管癌+胆嚢癌](9001人)
  8. 子宮がん[頸癌+体癌](5524人)
  9. 卵巣がん(4603人)
  10. 悪性リンパ腫(4294人)
  11. 白血病(3131人)
  12. 食道がん(1805人)

癌治療では「5年生存率」という言葉を良く耳にします。
治療開始してから5年間、生存しているかどうか(転移していても生存していればカウントされる)という意味ですが、5年前にさかのぼって癌の罹患数は下記の通りになります。

2005年 部位別がん罹患数は以下の通りです

罹患数の多い部位-男性 罹患数の多い部位-女性
  1. 胃がん(80102人)
  2. 大腸がん[結腸癌+直腸癌](59900人)
  3. 肺がん(58264人)
  4. 前立腺がん(42997人)
  5. 肝臓がん(28729人)
  6. 食道がん(14818人)
  7. 膵臓がん(13108人)
  8. 悪性リンパ腫(9667人)
  9. 胆道がん[胆管癌+胆嚢癌](9237人)
  10. 白血病(5200人)
  1. 乳がん(50695人)
  2. 大腸がん[結腸癌+直腸癌](44834人)
  3. 胃がん(37035人)
  4. 子宮がん[頸癌+体癌](25726人)
  5. 肺がん(25617人)
  6. 肝臓がん(13465人)
  7. 膵臓がん(11691人)
  8. 胆道がん[胆管癌+胆嚢癌](9399人)
  9. 卵巣がん(8304人)
  10. 悪性リンパ腫(7324人)
  11. 白血病(3832人)
  12. 食道がん(2678人)

参考資料:国立がん研究センターがん対策情報センター(人口動態統計より作成)

肺癌の罹患数は2005年に男性58264人、女性25617人でしたが、5年後の2009年には男性49035人、女性18548人もの方が無くなられているのです。

 

肺がん(肺癌)治療の問題点

肺がん(肺癌)治療においては、主に外科的手術・放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)などの治療が柱となります。

しかし肺がん(肺癌)は初期症状に乏しく、早期発見が困難ながんです。すでにリンパ節や肺内転移、肝臓転移、骨転移、脳転移などをきたし、手術ができない状態で発見されることもしばしばです。

手術適応が無い場合は、主に抗がん剤治療や放射線治療を行うことがすすめられますが、残念ながら有効な治療法が少ない状態が続いています。そのため肺がん(肺癌)は難治癌とよばれています。

肺がん(肺癌)により咳や血痰、喘鳴(ぜいめい)、息切れなどの症状があらわれた時には既に進行肺がん(進行肺癌)となっていることが多いですし、さらに胸部痛や呼吸困難、背部・腰部の痛み、など自覚症状が現れたときには既に転移していて手術適応とならないことも少なくありません。

手術適応があったとしても、再発・転移の危険性が高いのが肺がんですから、手術後に「癌は取りきれたから安心です」「今までどおりの生活に戻っても大丈夫です」という言葉をそのまま受け取るのではなく、癌にとって居心地の悪い体内環境を構築していくことが大切です。

ステージ1の早期がんで手術を行い、きれいに癌を切除できても(根治手術後でも)5年生存率はわずかに60-70%、ステージ2では40-50%、手術適応となったステージ3Aでは20%程度と決して満足できる結果が得られていない現実を謙虚に受け止め、再発防止に努めていただければと思います。

モノリスへのご相談はこちら

 

肺がん(肺癌)の組織型

肺がん (肺癌)は、がん組織で分類すると非小細胞肺がんと小細胞肺がんの2種類に大きく分けられ、組織型の違いにより治療方法も異なってきます。発生頻度が高いのは非小細胞肺がんで、肺がん全体の80%以上を占めます。

非小細胞肺がん

非小細胞肺がんは肺腺がん、肺扁平上皮がん、肺大細胞がんに分類されます。肺大細胞がんの発生頻度はそれほど高くなりません。

肺大細胞癌にはいくつかの亜型があります。このうち肺大細胞神経内分泌癌(LCNEC)は予後不良な癌と言われています。肺腺がんは非喫煙者、女性に多いがんです。肺扁平上皮がんは喫煙者、男性に多い癌です。

非小細胞肺がんは抗がん剤や放射線治療の反応が良くない(つまりはあまり効果が期待できない)がんといわれています。

小細胞肺がん

小細胞肺がんは極めて進行が早く、見つかったときにはすでに手術できないことが多く予後不良ながんと言われています。予後不良な癌ですが、抗がん剤や放射線治療には良く反応するため治療開始後すぐに癌が小さくなったり、あるいは画像上では確認できないまでになることもしばしばですが、しばらくすると再び癌が大きくなってしまい進行を抑えられなくなってしまうことが多いようです。

しかし、非小細胞肺がんでも、小細胞肺がんでも、がんを克服した方は大勢いらっしゃいます。

  • がんと診断されこれから手術を控えている方
  • 癌の手術後で再発・転移のリスクを抑えたい方
  • 抗がん剤や放射線治療中で副作用を軽減したい方
  • 一通り治療を行ったが効果が実感できなかった方
  • 余命宣告を受けてしまったが、諦めていない方
  • 人間の尊厳を大切にいきいきとした時間を過ごしたいと考えている方
  • とにかく満足のいく有意義な時を過ごしたいと考えている方

上記が1つでも当てはまる方がいましたらお気軽にモノリスにご相談ください。
モノリスでは虫草エキス・虫草カプセルの販売を通じて皆様の癌克服のお手伝いができればと思います。

モノリスへのご相談はこちら

 

肺がん(肺癌)の検査

肺がんの検査は目的により3つに分類されます。

  1. 肺癌の疑いがあるかを調べる検査
  2. 肺癌を確定する検査
  3. 肺癌の進行具合を調べる検査

1.肺癌の疑いがあるかを調べる検査

レントゲン(胸部単純X線検査)や胸部のCT検査、胸部MRI検査や腫瘍マーカーの検査などがあります。
肺癌の腫瘍マーカーにはCEA、SCC抗原、NSE、CYFRA21-1、ProGRP、SLXなどがあります。
これらの検査だけでは肺がんを確定することはできないため、肺がんの疑いがある時には次の肺癌を確定する検査を行います。

2.肺癌を確定する検査

細胞診と組織診が肺癌を確定する検査です。これらの検査は細胞や組織の一部を採取して調べる生検(バイオプシー)といいます。

細胞診には喀痰細胞診や擦過細胞診、気管支鏡検査、経皮的肺穿刺検査などがあり、細胞の一つ一つを顕微鏡で観察してがん細胞があるかを判断します。

組織診は検査や手術で採取した組織を顕微鏡を使って調べる方法で細胞の大きさや形、並び具合などを総合的に調べる方法です。

3.肺癌の進行具合を調べる検査

2.のバイオプシーによって肺癌が確定すると、今度は肺癌の進み具合を調べる病期診断が行われます。
リンパ節転移の有無や肝臓転移、肺内転移、骨転移、脳転移、副腎転移などの転移の有無があるのか、あるいは肺内にとどまり手術適応があるのかなどを胸部CTや腹部CT、エコー検査(超音波エコー)、MRI検査、PET検査、骨シンチグラフィーなどで行います。

肺癌の検査を控えている方、検査結果を知って不安がある方、どんなことでも結構です。ご相談お待ちしております。

モノリスへのご相談はこちら

 

肺がん(肺癌)の治療

肺癌の治療は主に手術療法(外科手術)、放射線治療、化学療法(抗がん剤治療)があります。

肺癌は放射線治療や抗がん剤治療の反応があまり良くないため、手術適応のある早期の肺癌では、出来る限り手術が優先されます。
しかし、癌の場所が悪かったり、癌が進行していたりして手術適応が無い時には放射線治療や抗がん剤治療を行うことになります。

放射線治療は癌にピンポイントで放射線を照射し癌を殺す局所療法です。γナイフやサイバーナイフ、陽子線療法、重粒子線療法、炭素線療法なども放射線治療の一種です。

脳に転移した場合には抗がん剤が効かないため、放射線治療が優先されます。

抗がん剤治療は単剤で行う場合と、複数種類の抗がん剤を組み合わせて使う場合があります。

一般に小細胞肺がんは抗がん剤の反応が良く、一時的に癌が縮小したり、あるいは画像上では確認できないレベルまでなることもあります。しかしながら薬剤耐性のためしばらくすると癌は再び大きくなってしまいます。こうなると同じ抗がん剤は効かないため種類を変えて治療を続けていくことになります。

非小細胞肺がんはあまり抗がん剤が効かないケースが多いようです。最近ではタルセバやイレッサといった新しいタイプの抗がん剤(分子標的薬)が適応となり使われるようになってきました。分子標的薬が良く効く人もいますので、治療前に遺伝子検査を受けて適合するか調べる価値はあると思います。

肺癌の治療に行き詰まり感を持っている方、相乗効果を期待したい方、その他お悩みをお持ちのかたからのご相談お待ちしております。

モノリスへのご相談はこちら

 

肺がん(肺癌)の5年生存率

肺癌の予後はよくないと言われています。
非小細胞がん(腺がんや扁平上皮がん)と小細胞がんとでは治療成績もことなり、小細胞肺がんでは早期に見つかった限局型でも生存中央値は約20ヶ月、進展型では8-10ヶ月です。

一方、非小細胞肺がんは手術が可能なI期の5年生存率は約70%、II期では約50%、IIIA期では20-30%です。IIIB期とIV期は手術適応とはなりませんので生存中央値はそれぞれ16ヶ月、8-10ヶ月と厳しいのが現実です。

モノリスには余命宣告を受けた方やそのご家族が多くご相談頂きます。
皆様、最初は不安がっていますが、お電話でいろいろとお話しをさせていただくと気持ちも落ち着き、前向きに病気と闘っていく気持ちを持っていただけます。
医師任せにせずご自身たちで出来ることに取り組み、有意義な時間を過ごせるようになる方が多いようです。

肺癌と診断されて、どうすればよいか戸惑っている方、余命宣告を受けて頭が真っ白になってしまっている方、一度私たちと話をしてみませんか。お気軽にご相談ください。

モノリスへのご相談はこちら

 

肺がん(肺癌)を克服するために

肺がん(肺癌)を克服するには、肺がん(肺癌)になってしまった原因を知る必要がありますし、肺がん(肺癌)が再発しにくい体内環境を作ることも必要です。さらには治療中、治療後の生活の質を保ち精神的にも肉体的にも安定した豊かな人生・満足度の高い人生にすることがとても大切ではないかと思います。

いわゆる西洋医学の最先端の治療を行っている大学病院やがんセンターなどの大きな病院で「治療法は無い」と告知をされた患者さんでも、西洋医学以外に目を向ければ治療の選択肢はありますし、生活の質を保つ、あるいは向上させる術はいくつも残されています。

モノリスでは虫草エキス、虫草カプセルの販売だけでなく、がん患者様の今までの食生活をはじめとする生活習慣の見直し、ストレスの対処、モノの考え方などの見直し、がん患者さんやご家族の方が主体的にがん治療を受けることや死生観を持つことで患者さんらしさを取り戻して頂くことの大切さを、ともに考えていきます。

「転移したがんは治らない」「余命宣告を受けてしまったからもうダメだ」「治療を受けなければがんは進行してしまう」などなど、癌に対する悪い思い込みは捨てて、「転移癌でも治っている人はいる」「余命宣告なんて自分には関係ない」「癌とは共生・共存できる」と前向きになっていただければと思います。

どんなことでも結構です。ご相談お待ちしております。

モノリスへのご相談はこちら

 

がん部位別情報の関連記事
  • がんの説明
    胃がん(胃癌)の克服・共存を目指して
  • がんの説明
    膵臓がん(膵臓癌)の克服・共存を目指して
  • がんの説明
    肺がん(肺癌)の克服・共存を目指して
  • がんの説明
    胆管がん(胆管癌)の克服・共存を目指して
  • がんの説明
    胆嚢がん(胆嚢癌)の克服・共存を目指して
  • がんの説明
    肝臓がん(肝臓癌・肝細胞がん)の克服・共存を目指して