冬虫夏草って何?

冬の間、宿主である昆虫(クモとダニを含む)に寄生した菌類(虫草菌)が、虫を栄養素として宿主の体内で菌糸をどんどん増やし、夏になると虫の殻を破って生えてくるキノコを総称して冬虫夏草と呼んでいます。生きた虫にとりつき、その虫を殺して成長することから、“殺虫キノコ”という恐ろしい名前もついています。

生物学的には「子嚢菌類、バッカクキン科、コルジセプス属を中心とした諸属の菌」ということになりますが、どの菌までを冬虫夏草と呼ぶか、厳密な区切りはありません。

また、冬虫夏草は寄生する昆虫によってもその種類が異なります。セミにつくもの、ガにつくもの、トンボにつくものなど様々。冬虫夏草の仲間は世界中で約500種類以上、そのうち日本だけでも約400種類が確認されており、新種も次々と発見されています。日本の冬虫夏草は中国と区別して日本産冬虫夏草とも呼ばれています。

なお冬虫夏草に関してはどのようにして宿主である昆虫に寄生するのかなど、解明されていない謎の部分もまだまだ多くあるのです。

冬虫夏草の効能・効果とは

冬虫夏草の原産は中国の四川、雲南、チベットなどの高山地帯で、そこに生息するコウモリガの幼虫に寄生したキノコを冬虫夏草と呼んだのが始まりです。古来からその薬効は良く知られており、不老長寿の秘薬として秦の始皇帝が愛用していたのは有名な話です。滋養強壮や鎮静作用にも優れているため、病後の衰弱や肺結核の治療、薬膳料理として食されるなど、漢方の万能薬として用いられてきました。

さらに代謝アップ、抗菌作用などさまざまな効能がある冬虫夏草ですが、最近注目されているのが、その免疫機能活性作用(つまり免疫力強化)です。新しいがん治療法として関心が集まっている「免疫療法」ですが、これは人が本来持っている免疫力をあげることにより、がん細胞の増殖を抑えようとする治療法です。冬虫夏草には優れた免疫活性作用があることが知られており、がん治療の補助として免疫力強化に用いられています。さらに抗腫瘍性(抗がん作用)があることも証明されており、冬虫夏草の成分を使用した新薬開発の研究も進められています。

冬虫夏草はこれからも多くの効能が発見される魅力的なキノコとして期待が集まっているのです。

日本産冬虫夏草<モノリス虫草>とは

国土の60%以上が森林で、温暖、湿潤な気候に恵まれた日本は、生息する昆虫も約10万種類と豊富で、まさに冬虫夏草が育つのに最適の環境と言えます。

<モノリス虫草>は、このような日本に自生している天然の冬虫夏草のみを使用して作られています。冬虫夏草の効能のカギは「新鮮さ」にある、と考えている私たちは、毎年、初夏から晩秋にかけ日本全国を探索し、新鮮で元気な冬虫夏草を採取、その菌糸を培養し、有効成分を抽出してGMP規準に準拠した自社工場で製品化しています。

最近では中国でも「冬虫夏草」と名のるニセモノが多く出回っていますが、<モノリス虫草>は中国最大の微生物研究所、中国科学院微生物研究所(IMCAS)のDNA 同定検査(分子解析)で、天然雲南産冬虫夏草やチベット産冬虫夏草(コルジセプス・シネンシス) から分離された菌:蝙蝠蛾拟青霉(Paecilomyces hepiali)と100%同じDNAということが証明されています。

また、蝙蝠蛾拟青霉(Paecilomyces hepiali)は中国でも多くの研究が進められており、抗関節炎(向明等1997)、免疫強化(张洁宏等2013; 傅惠英等 2012)、菌抑制(刘俊等2012)、 抗疲労(陈新霞等 2009)、抗腫瘍(Wuet al.2014; Thakuret al. 2011)、抗酸化(Yuet al. 2013)などの薬理学的作用があると報告されています。

<モ ノリス虫草>は、まさに「品質の良さ・効能・安全性」のすべてに優れた日本産冬虫夏草なのです。

斜面培養(左) 医師が語る日本産冬虫夏草モノリス虫草(動画右)